林 文夫

Fumio Hayashi (Saxophone & Wood Winds) 1975年「森寿男とブルーコーツ・オーケストラ」に入団。五十嵐明要氏に師事。リードアルトを務めた後、ニューヨークにてサックスとアレンジをフランク・フォスター氏に学ぶ。多くのセッションに参加。Blue Noteなどジャズクラブにも多数出演。帰国後はフリーミュージシャンとして活動。1999年8月にニューヨークにて、1stリーダーアルバム「Chelsea Blues」をレコーディング。現在は、自己のクァルテットを中心に演奏活動を行っている。2004年4月より2年間、月刊「Jazz Life」にてサックス講座「アドリブ・クッキン!」連載。山野楽器ウィンドクルーJazzクラス講師。他にアルバム「K.F BLUES」などがある。SFOには1989年より参加。